CAD製品一覧 » Bigvan al-Nil 2017 » CADオプション

CADオプション

SXF の概念( 用紙/ 部分図) とDWG の概念( モデル/ レイアウト/ ビューポート) のデータ構造を両方搭載。
操作性、互換性を追求したHybridCAD です。

DWG とSXF の作図概念を搭載 したHybridCAD

2次元CADシステムでは縮尺の取り扱い方法により大きく2つに分かれます。
SXF形式(SFC、P21)
 電子納品用ファイルフォーマットで用紙と部分図で縮尺管理するデータ構造
AutoCAD形式(DWG、DXF)
 1/1のモデルとレイアウト空間でビューポートにより倍率管理するデータ構造

これらのデータ構造の違いはCADシステムの操作性にも影響します。
CADオプションを追加することではこれらのデータ構造を備えたCADシステムを追加することができます。

SXFのデータ構造
用紙シートと複数のシート(SXFの部分図、JWWのレイヤグループに相当)から構成され、各シートごとに縦横個別に縮尺設定が可能
リボン 1ファイル1図面で管理
  ※JWWのレイヤグループとシートは同じでは無い
最新のSXFデータに対応
電子納品図面で使用されるSXFデータ、最新形式は、Ver.3.1形式
JPEGなどの写真データの貼り付けや、要素に対しての属性情報付加、表題欄情報などに対応
  ※現在、オープンCADフォーマット評議会(OCF)の検定受検中
DWGのデータ構造
原寸のモデル空間と複数の用紙サイズ設定されたレイアウト空間から構成され、
レイアウト空間上でビューポートでモデル空間の指定範囲を倍率指定して表示することにより縮尺管理が可能
寸法線
1ファイルを複数図面で管理
モデルとレイアウトで全図を分割表示
DWG図面でモデル空間とレイアウト空間が使用する場合、これらのデータ構造を保持、使用することが可能
モデル

先進の操作性

Bigvan al-Nil CADは、先進の操作性を持っています。

オフィスライクなリボンメニュー

 リボン

多彩な寸法線編集
座標引き出し線や区間の寸法など多様な寸法線の作図が可能
スポイト機能で既存図面の設定を読取り追記編集

 座標引き出し線 スポイト

コマンド要らずのオブジェクトグリップ編集
拡張グリップモードでさらに快適編集

 オブジェクトグリップ編集

一般的なショートカットに対応
Ctrl+CやCtrl+Vなどのよく使用するショートカットが使用可能
スコープ機能で拡大鏡を使うように確認作業が容易
入力方法が正確で効率的
座標入力/マウス入力、単位 mm/m、相対座標/絶対座標
クイック選択により、図面内から目的の要素を簡単に選択

作業効率の向上

作図や編集の作業効率を向上させる機能が豊富にあります。
時間のかかっていた作業や手間のかかる作業が短時間で簡単に行えます。

ファイル変換・編集機能
一括変換機能
複数ファイル、複数種類のファイルを一括で変換可能

 一括変換

図面合成機能
複数図面を1ファイルに合成することが可能
図面表題欄の一括編集機能
複数図面の表題欄をまとめて編集することが可能
また図面番号の連番などを自動で割り当て可能
図面クリーナーでデータ軽量化
微小なゴミ要素や、気づきにくい重複線の削除、ぶつ切り線の結線などにより
データを軽量化することが可能
作図・編集機能
材料表等は表単位でラクラク作成編集
表を簡単に作成する機能があり、エクセルデータの取り込み可能
(四則計算、三角関数、円周率、平方根、累乗、合計、平均、角度の計算を保持)

 エクセルデータ

表認識機能
図面内にある材料表などを表データとして自動認識させることが可能
確認したデータのExcel出力可能

 表認識元 矢印 表認識後

伸縮図形登録・配置
登録した図形の寸法値を変更することで自動伸縮し作図します。
 

3次元データ対応

3Dビューア機能
3次元データを3Dビューア(色分け)で確認
 
TIN生成機能
3次元データに自動で面データを作成
  
等高線一括入力機能
指定した等高線に一括でZ 値を入力
 

Bigvan al-Nil2017 CADオプション機能強化

機能
概要
詳細
作図・編集
機能
  • 表認識:認識精度の向上
  • 文字:重なり文字移動
  • ハッチング分割:「要素指定」の向上
  • 変形:変形量指示「マウス」追加
  • リンク機能
  • ドラフターモード
詳細
ツール・設定
機能
  • ペンセット
  • レイヤ・シート:一括削除
  • レイヤ振分け(一括):DWG/DXF形式追加
  • 図面表題欄:属性付加
  • 3Dビューア:標高色分け設定の向上
詳細