Home » 企業情報 » 企業理念

企業理念

ビッグバンは、お客様の視点から未来を見据えたソフトウェア・システム製品の開発から販売・サポートまでをトータルに行っています。

昭和63年(1988年)の会社設立から今日まで、CADシステムの開発・販売を主業務として、また平成20年(2008年)からは病院・医療関連製品の開発・販売も行っています。

ソフトウェア・システムは特別な知識・技能を持った人のものではありません。多くの人に使っていただき、いろいろな分野で活躍してこそ、良質なソリューションだと考えます。

昨今の建築土木業界においては、政府及び関連官庁(国土交通省)で、人口減少社会と減災対策の一環として、未来を切り開いていくための国土づくりを目指し、「コンパクト」と「ネットワーク」をキーワードとして、「質の高いサービスを効率的に提供」することと、「新たな価値創造」を掲げています。そのための手段の一つとして道路や交通機関の活用を考えています。

事務処理の電子化・共通化、システムの一元化・集中化などにより、業務・システムの効率化・合理化を図ることが、各省庁における最適化計画の策定を推進する重要な鍵と言えます。このようななか、ビッグバンではCALS/ECを通して国・民間を問わず業務・システムの効率化・合理化を図るシステム提案を続けています。

また、日本再興戦略の中に、戦略市場創造プランとして、「健康寿命の延伸」が掲げられており、「研究を臨床につなげるため、国際水準の質の高い臨床研究・治験が確実に実施される仕組みの構築」が重要としています。

ビッグバンでは、「質の高い臨床研究・治験が確実に実施される仕組み」が構築できるよう関係部門と協力してシステムを開発していきます。

お客様の視点から「高性能を身近に」「扱いやすさを基本に」をコンセプトとして、未来を見据えたソフトウェア・システム製品の開発・販売・サポートを行ってまいりますので、何卒ご支援ご愛顧をお願いいたします。